ベリーダンスで姿勢もお腹もキレイ

ベリーダンス。ベリーとは『お腹』を意味し、体幹をくねらせるように動かすダンスです。
ベリーダンスの歴史はとても古く、古代エジプトまで遡ることができるそうです。
古代エジプトといえば、露出の高い衣装でも定評がありますね。現在は宗教上の理由から女性は布で身体をすっぽり包んでいますが、当時は透け感のある、ボディラインを意識した衣装が流行していたようです。踊り子にいたっては、殆ど裸でした。
kosi6
そんな国で好まれていた踊りなので、女性の象徴の一つであるくびれた腰で魅せるベリーダンスは、体幹の運動性を大いに要します。つまりベリーダンスは体幹筋を鍛えると共に、より女性らしく美しいボディラインを得られる踊りであるともいえるのです。
ベリーダンスの衣装を見ても、どこに注目すべき踊りなのかは一目瞭然ですね。
腰のくびれを出すには、腹部の筋トレももちろん必要ですが、姿勢を見直す事も重要。いくら腹筋をつけても骨盤や背骨のバランスが悪ければ、トレーニングの効果は半減します。その点で、ベリーダンスは腹筋を含めた体幹筋をまんべんなく鍛え、姿勢矯正にも一役買ってくれるので、ただがむしゃらに腹筋トレーニングをするよりは早く美しい腰のラインを手に入れることが期待できます。

また、ベリーダンスは体幹筋の中でもコアな筋肉を使うので、その効果はより一層高まります。
基本の動きを一日三十分くらい。一週間続けると、鏡に映った自分の姿の変化に気付くことができるはずです。

No Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です